Amazon広告 SEO強化 コンサルティングサイト

当サイトは株式会社Spesiaによる自社およびクライアント様へのコンサルティングの実績に基づくノウハウをもとに

すぐに実行頂けるようにチェックリストにした購入者様専用のサイトです。

加えて、Amazon事業単独で最低年商3億円を条件とした社外の複数の事業者と提携し、随時当ページのノウハウをアップデートしております。

当社のコンサル事業においてクライアント様に提供しているノウハウも含まれます。

当ページにアクセス権限付与されている方以外への転送や情報公開は法的処置を取らせて頂きますので、十分にご注意頂ければ幸いです。

【当社コンサルタント保有資格】

  ❊Amazonスポンサー広告基盤認定

  ❊Amazonリテール認定資格

  ❊Amazon Advertising キャンペーンプランニング資格

 

株式会社Spesiaは2024年5月21日、Amazonのベリファイドパートナーとなり、Amazon Adsで認定された広告のスペシャリストが在籍しています。

専門知識、Amazon Adsでの取り組み、広告コンサルティングによる広告主様へのビジネス成長への貢献度に基づき付与される認証です。

認定を受けるのにはコンサル実績だけでなく、毎年更新制のAmazonの広告の基礎知識、応用知識の複数の試験に合格する必要があります。 

常にAmazonの最新のオフィシャルな運用方法をもとに、アルゴリズムに沿った施策をご提案して参ります。

ツールを購入頂きましたお客様は期限なしで定期アップデートを行う当サイトをご覧頂けます

 

パートナーID amzn1.ads1.ma1.8jp8z0huu5cku28dmnc230tjo

「Amazon SEO」の定義

  AmazonのSEOとは、Amazonの検索窓で検索したときに上位表示させるための最適化のことです。

  当ツールは、広告運用の最適化だけではなく、検索順位を高めてオーガニック比率を引き上げ、利益を高める

  ことを目的にしたフォーカスしたツールです。

SP広告のターゲティング体系図

広告キャンペーン名はこの体系図を確認しながら設定すると整理・分析が容易になります。

体系図に沿って以下のようにキャンペーン名を設定するようにしてください。

例)  商品名 | SP | マニュアル | KW                商品名 | SP | マニュアル | 商品

        商品名 | SP | オート            

 

まずは、SP広告でCTRとCVRを最大化してから、SB・SD広告を行ってください。

理由は、クリックされやすく、購入されやすい商品ページが出来ていない状態でSB広告でストアがに誘導しても広告費が高くなり、

余計なコストがかかるためです。

 

スポンサーブランド広告の体系図はこちら

スポンサーディスプレイ広告の体系図はこちら

利益を最大化する施策の順序

無駄な広告費を漏洩しないためには【CVR】>>【CTR】>>【IMP】の順に改善を行う必要があります。

[CVR]が低い状況は、オフラインの店で例えると、店内POPの説明が胡散臭い、商品説明が不十分・不明瞭な状況であって、お店に入ってきたのに、何も購入せずに退店したか、隣のライバル店で購入してしまったという状況です。

[CTR]が低い状況は、店頭の看板とショーウィンドウを見て「このお店に入りたい」と思う人がそもそも少ない状況です。この状態でAmazonに提案されて入札単価を根拠なく上げるということは、魅力的なお店づくりができていない状況で店頭で大量にチラシを配るのと同じです。

この状況で儲かるのはチラシをつくっている広告代理店のみです。

 

それでは、魅力的な商品ページづくり、タイトル、商品メイン画像つくりはどうすれば良いか?

 

それは「ターゲットユーザーを改めて明確にし、そのターゲットユーザーにWebアンケートで直接聞く」というのがその答えの一つです。

これは高速でPDCAを回すための重要施策です。

多くの商品を抱えている事業者様は一つひとつ仮説・検証・振り返りなんてやっている暇はないです。

Amazonの機能にある[ABテスト]は2週間以上の期間とコストがかかりますが、この方法は3日程度あれば実施可能です。

オフラインの有名チェーン店でさえも、新製品開発時にはWebアンケートで何度も直接ユーザーにヒアリングを行なっています。

「アンケートで生の声を聞いて、ターゲットユーザーにとって、不明点、不明瞭、胡散臭さを丁寧になくしていく」というのが高速でPDCAを回せる理由の一つです。

 

具体的な方法は以下のチェックリストの中に記載されていますのでそちらをご覧ください。

前項で説明いたしました [購入者数=IMP×CTR×CVR]の方程式は常に頭に入れてPDCAを回すようにしてください。

それぞれ分解して整理し、必ず成果が上がる小さな施策を積み上げれば掛け算でそれは大きな成果に繋がります。

最低限抑えるべきSEO施策チェックリスト

これは広告運用以前に、最低限対応しておくべき基礎的なSEO施策です。商品数が多い事業者様、経験が豊富な事業者様ほど、最低限行うべきSEO施策の抜け漏れが多いため、網羅的に対応できているかを丁寧に実行ください。(全商品対象)    ※これを対応完了してから以下の応用編のチェックリストをご確認ください。

CVR・CTR・IMP 改善施策コンテンツ

CVR改善施策

▢ クラウドワークス または ランサーズでターゲットユーザーに対して[Webアンケート]を実施する

 

    主観では気付けないカタログ内の「不明点、不明瞭、印象」に対する改善点を認識し、速やかに改善する。

    主観でのPDCAは時間がかかる上に的外れとなりがちなので、必ずターゲットユーザーの視点と感性で必要です。

    募集文および設問のテンプレートはこちら

    アンケートは1回きりではなく、改善後の検証のためにも繰り返し行なう必要があります。

    2回目以降は過去分の募集文と設問をそのまま使用して、Before-After の変化をご確認ください。

「アンケートは商品のターゲットユーザー層に行うこと」が重要です。よって、まずは「自社商品のターゲット設定」を改めて行ってください。このターゲット設定を誤ると的外れな改善施策に繋がりますつまり、CVRが改善しません。

あくまでも、ターゲットユーザーにとって安心して購入したくなるポイントを商品ページに入れ込まなければ購入率が上がらないためです。

テンプレートの注意事項を必ず確認してから実行するようにしてください。

▢ 威光性・権威性の実績づくり (〇〇認定・〇〇研究機関で試験済み・雑誌・メディアで紹介)

    A: 法人の場合、簡易OEMだとしても独自の価値を一つでも付加した商品づくりを行うことでプレスリリースを配信可能です。

        プレスリリースは消費者ではなく、メディア向けに自社の新しい商品やサービスの情報発信をすることです。

        これをきっかけに雑誌やメディア、最低でもWebメディアに取り上げられる可能性が高まります。

        メディアに取り上げられれば、そこから波及し、様々なメディアに取り上げられます。

        このことを商品タイトルや商品ページで告知することによって、「メディアに取り上げられた安心できる商品」という印象をもた

        れ、購入率が高まります。

        PRTIMESだと1回につき3万円の配信費用がかかりますが、これで長年使用できる権威性が手に入り、CVRが1%でも上がったら

        すぐに回収できる金額です。  無駄な広告費を削ってこちらに投資した方がコスパは確実に良いです。      

        PRTIMESの他社の物販事業者のリリース事例はこちら                                  PRWIREはこちら

        

   B: 製品の性能比較試験は、3万円以内で実績できる試験場が多々あり、〇〇試験と検索すると複数研究所が表示されます。

       新商品のサンプルを各工場から取り寄せたときの品質が悪いサンプルも含めて処分せずに、比較対象の商品として使用しましょう。

   C: YoutubeやインスタなどのSNSでその商品の専門家や情報発信を行なっている人にSNSを通じて連絡を取り、監修費用を支払って

        顔出し、名前出しで監修になって頂く方法も差別化のためには有効です。 

        有名人やフォロワーが多すぎる方は監修費用が高額であるため、選択肢から

        除外してください。 胡散臭い自称専門家も除外してください。

        お客様が「この監修の人は誰だろう?」と検索されてもプラスの印象を与える人を選定しましょう。

 

        SNSの中でもインスタグラムから見つけるのがおすすめです。

        理由は、以下のとおりです。

        1.  インスタで自社商品を投稿頂いた後に、「映える画像」を譲渡してもらい商品ページで使用できるため(費用削減とCVR向上)

        2.Youtubeよりもタイアップコストが安い

        3.インフルエンサーワークスやBeeeなどのインフルエンサー採用し放題のサブスクサービスが充実しているのでリサーチが簡単

             家電やファッションアイテムなどはコストに余裕があればYoutubeの選択肢も入れてください。

             

    D:  工場の出荷数をアピールする方法は目新しくはないですが、有効なアピール方法。

          代行業者を通じて工場に目的を伝えて確認すれば教えて下さる可能性が高いです。(目的と意義を伝えなければ開示されません)

          例)「年間1000万個出荷実績のある工場にて製造」

           虚偽の情報でのアピールは控えてください。 

           競合がこれを模倣し、それが連鎖しAmazonが無法地帯になり、Amazonビジネスが厳しいビジネス環境になります。

▢ 商品仕様説明 (箇条書き説明)を最適化する

Amazonの広告は入札単価だけでなく、商品とキーワードの関連性もふまえて表示させます。

Amazonの広告AIがどこから関連性を認識するかは「商品タイトル」「カタログ」「商品紹介コンテンツ」「商品仕様説明」「詳細の編集への登録情報」です。

この「関連性」をもたせるために「重視すべき戦略キーワード」をこの箇条書きの説明欄にも自然に散りばめるようにしてください。

注意点としては、この商品仕様説明欄には詰めれるだけキーワードを入れるという方針のセラーも存在しますが、当社はこの施策に懐疑的な見解です。  理由は、広告のパフォーマンスの成果に繋がらない余計なキーワードが散りばめられていると、広告AIが重要なキーワードを選定しづらく、幅広いキーワードを拾ってしまい広告AIの機会学習の弊害になると推察しているためです。

ChatGPTなどの生成AIと同じで不用意な情報を与えるとこちらが求めているアウトプットをしてくれません。

Amazonの広告AIも同様に戦略キーワードに絞って説明ページに散りばめた方が、商品とキーワードとの関連性を正しく紐づけて、

狙っているターゲットに広告を絞り込んでくれると認識しています。 (完全一致以外の広告運用において)

広告キャンペーンを設定するときの設定キーワードの候補で関連性が低いキーワードを表示されるときがありますが、これは

商品ページから重要でないキーワードをAIが拾ってきてしまっている状況です。

よって、広告パフォーマンスが高いキーワードを商品ページに散りばめて、パフォーマンスが低い関連性のないキーワードは

商品ページから削除する、または、掲載頻度を減らすという作業が必要です。(AIが賢く学習できる環境を整えてあげる)

▢ 商品紹介コンテンツを最適化する

▢ ターゲットユーザーへのアンケートで得られた改善情報を元に、説明文や画像をブラッシュアップしてください。

    重要なポイントは「不明点」「不安な点」「胡散臭さ」のないページをつくることです。

    「主観的な視点」で判断せずに、必ずアンケートや第3者に確認して頂き判断するようにしてください。

     →初めてページを作成するときは、情報の抜け漏れチェックを目的として、周りの人に聞くのも効果的です。

        しかし、注意点として、周りの人の意見はターゲットユーザーのインサイトではない「主観的な意見」であるため、

        CVRを高める目的では、周りの人の意見で済ませるのは適切な施策ではございません。

商品紹介コンテンツのプレミアムであればQ&Aを設置可能です。 プレミアムが使用できない場合でも、画像でQ&Aを作成するのを推奨します。 EC事業はオフラインのお店と異なり、不明点、不安な点を店員に聞くことが出来ません。よって、不明点な点があり、解決出来なければ他社製品のページに移動されてしまいます。 

このQ&Aも思いつくことをなんとなくで設定するのではなく、前述のアンケートから得られたネガティブコメントを参考にして、ネガティブなイメージ払拭して安心して購入できるようなQ&Aを設置するようにしてください。

お客様が「買わない理由」を一つでもなくす目的でQ&Aを設置します。 

買わない理由を一つずつ潰していけば、当然CVRが向上します。

【重要 補足】

 アンケートを繰り返して、ターゲットユーザー視点で魅力的なページにブラッシュアップできたのにも関わらず、CVRが改善しない場合

 は、そもそもターゲット以外のユーザーがページに訪問してきている可能性が大いに考えられます。

   例) ターゲットは、「初心者用のギターを探している人」だが、多くの「中級者」がページを閲覧して購入せずに出ていっている。

 

  →広告の除外キーワード設定を漏れなく行っているかをご確認ください。

以上のCVR改善施策を行ない、当ツールで設定した目標CVRを達成したら以下のCTR改善施策にお移りください。

つまり、購入率が上がるような店内(ページ)づくりが終わったら次はお客様の呼び込みを強化するフェーズです。

CTR改善施策

▢  [商品タイトル]のキーワードの見直し

戦略キーワードを入れ込むことはもちろん、競合と比較して観て、商品ページを覗いてみたくなるようなキーワードを入れなければなりません。この「覗いてみたくなるようなキーワード探し」はAmazonのABテストを行うのも一つですが、結果が出るまでに2週間かかることもあるため、これもアンケートでABテストが可能です。2日程度で結果が出ます。     

商品タイトルの冒頭部分に〇〇監修などの訴求効果と差別化が可能なキーワードを配置する

 

     商品タイトルはSEOだけを優先して競合と同じキーワードを設定しただけだと、ターゲットのクリックを競合に奪われます。

     まず、Amazonで自社商品が表示される戦略キーワードで検索して商品一覧を表示させた状態で続きを読んでください。

     そうすると、タイトルの後半の文字は表示されずに途中で切れてしまっているはずです。

      Amazonの購入者の7割はスマホからの購入ですので、PCではなく、スマホで競合と比較してクリックされやすいタイトル

      になっているかを必ずチェックしてください。

      実はベテランセラーでもこの視点を見落としているケースが多いため、差別化できるポイントです。

      これは無料で出来るCTR改善施策です。 まずは全商品ここからテコ入れを行ってください。

      この施策のBefore_AfterはツールでCTRのグラフの変化でご判断ください。

▢  ポイント付与

     Amazonでポイントを意識的に貯める人は楽天市場と比較して少ないため、販売促進の効果はほぼないという見解ですが、スマホ

     で閲覧したときにポイント付与があると看板代わりとして目立つため、1%で十分なので必ず付与してください。

▢ クーポンもポイントと同様の目的で目立たせる看板の役割として活用するのをおすすめします。

    注意点として、クーポンの割引は5%以上でなければならない上、購入者が使用した際に引き換え手数料が60円かかりますのでこの

    費用を計算した上で、値引き額は最低限の価格にして慎重に設定を行ってください。

▢ メイン画像の最適化

    メイン画像へのテコ入れはここではじめて着手します。 画像の入れ替えはコストがかかり、CTRを最大化する画像を見つけるのに

    時間と労力がかかるためです。

    前述のようにAmazonには2種類のメイン画像を交互に表示してCTRやCVRを測定してくれるABテストがありますが、2週間ほど

    かかります。  ここでCVRの施策と同様にWebアンケートを利用することで2~3日でABテストが終わります。

    メイン画像も主観的に良し悪しを判断せずに、ターゲットユーザーに本能的にクリックしてしまう画像を直接聞くという手法です。

 

    CTRのABテストを行うアンケートの説明動画はこちら

インプレッション施策

▢ 戦略キーワードがカタログや商品ページに自然な文章で散りばめられているかをチェックし、広告のインプレッションにおいて重要な

    「検索キーワード」と「商品」の関連性についてAIが紐づけやすい環境にしてください。

▢ CTRが低いキーワードを値下げまたは停止し、限られた予算をCTRが高いキーワードに集中透過するため、入札単価を引き上げて

   インプレッションを高める。  CVRが低いキーワードのインプレッションを高めても無駄な広告費がかかるので注意。

   販売実績の高いキーワードはインプレッションも引き上がりやすい。→ この理由からもCVRとCTRのテコ入れが先

▢ 発売時など、どのキーワードが効果的か明確でない時期には幅広く広告のターゲティングを行うのがおすすめです。

    → オートターゲティング or  商品ターゲティングのフレーズ一致・部分一致  or  カテゴリターゲティング

    注意点としては、関連性のないキーワードをこまめに除外ターゲティング設定することが重要です。

    AmazonのAIに幅広く広告の網を投げてもらうが、投げてはいけないところをこまめに指示して機会学習を効率良く行わせるという

    ことです。

▢  予算配分の適正化

    3~5個の効果的な戦略キーワードが判明したところで、Amazonの検索結果ページの左上1~3番を狙いにいくキーワードを厳選し

    他のキーワードは捨ててでもパフォーマンスの良いキーワードに集中透過するように入札単価を設定するのが重要です。

以上の施策の重要なことは「ターゲットユーザーの正しい選定を前提として、彼らに直接ヒアリングすること」です。

この手法はCTRとCVRの最適化の場面だけでなく、開発する前にパッケージカラーやデザインを選定するときにも有効です。

当社のコンサルティングは大手のECコンサルティング企業よりも低価格で対応できるのは、このツール『Spesia』を使用して、

上記手法で他社よりも期間とコストをかけずに高速PDCAが回せるためです。

ぜひ、このノウハウを自社内に蓄積頂いて、売上だけでなく、利益額を中長期に引き上げて頂ければ幸いです。

スポットコンサルサービスも行っているので。お気軽にご相談ください。

その他案内事項

ご紹介特典

当ツールを知人の方に紹介頂いた方には、被紹介者様の購入金額の15%をお支払いいたします。

被紹介者様(購入者)には紹介特典として25%引きで提供いたします。

紹介連絡先:support@spesia.co.jp

ツールの説明サイトを紹介相手様にご案内ください。→ ツール説明サイト

転売および無料提供の通報依頼

株式会社Spesia以外から販売および無料提供を受けた方は以下のアドレスにエビデンスを添えて通報をお願いいた

します。通報頂いた方には、転売者・転用者への賠償金に応じた謝礼(20~30万円)をお支払いします。

連絡先:support@spesia.co.jp